マイページ確認中!!
MOVE(4代)


++++MOVE(4代目)++++



ダイハツ MOVE(4代目)についていろいろ語るよメ


 

▽MOVEの歴史▽



 4代目 L175S/185S型(2006年-)




2006年10月5日


4代目へフルモデルチェンジ。外観デザインはフロントから流れる卵形のワンモーションフォルムとなっており、3代目に比較してホイールベースが100mm拡大され、居住性を向上させている。リアシートの座面は高く、前後に大きくスライドが可能。また、初代にみられたAピラーからフロントバンパーに至るキャラクターラインも復活している。標準車とカスタムでは外観を差別化、この代から標準車はターボ車が廃止されたり5MTの設定があることなど、どちらかといえば中高年層を意識したラインナップとなっている。既にエッセやソニカで採用されている新開発のKF3気筒DOHC12バルブエンジンを全車に搭載(これに伴い4気筒のJB-DET型エンジンや既存の3気筒のEF型エンジンを廃止)、一部グレードにはCVTを採用して燃費向上を図る。なお、標準グレードの「L」には5速MTの設定もある。カスタムは一部グレードを除き、プロジェクター式ディスチャージランプを標準装備している。VSC、プリクラッシュセーフティシステムなどの安全装備をカスタムRS FFにオプション設定。シャシは7代目ミラと共通である。また、このモデルから、センターメーターを採用した。



2008年12月15日


マイナーチェンジ。標準車はグリル、フロントバンパーやテールランプのデザイン変更(テールランプはブレーキとウインカー/バックランプの逆配置)、カスタムはフロントマスクを大幅に変更など、前後周りを一新。プロジェクター式ディスチャージヘッドランプと自発光式メーター(照明色は高級感を演出するホワイト&ブルーに変更)を全車標準装備化。テールレンズはクリアーテール化された(前期型は赤色で成形されていて、部品の形も後期型と共通)。内装もオーディオ部分にブラックメタリック塗装を施し、シート表皮も変更された。標準タイプは内装色をベージュ色にすると共にフロント周り、リアコンビネーションランプのデザインを変更。フロントフェンダーのターンランプをクリアタイプに変更(L・X)、メーターがブラック基調となり、インパネ下部にシルバーガーニッシュを取り入れ、高級感を演出した。さらに、アジャスタブルパック(運転席シートリフター・チルトステアリング・アジャスタブルショルダーベルトアンカー)を全グレード標準装備としている。その他、標準・カスタム共にトップシェイドガラス、キーフリーシステム(L・カスタムSを除く)、エコインジケーター(MT車を除く)等が追加。キーフリー仕様では、車体に近づけば自動的にロック解除、遠ざかればロックがかかるという方式がリクエストスイッチ(ボタン式)方式に変更された。また、ボディカラーの新色に「ハーブグリーンメタリック(標準タイプ)」、「ブロンズクリスタルメタリックオパール(カスタム)」を追加(標準タイプのベネチアンレッドメタリック、カスタムのルージュレッドクリスタルメタリックが廃止)。グレード体系も変更となり、標準タイプは特別仕様車を廃止し発売時の「L」・「X」・「X Limited」の3グレードに集約(X4ATCVTへ)。カスタムは従来の「L」に替わって充実装備の「S」を追加、「X」・「R」にはCVTが搭載され、ターボ仕様の全グレードがCVTとなった。





















出会いDestiny(出会い)
無料出会い系サイト







©++++MOVE++++


合計:255
[ブックマーク|教える]




リク 広場
ホムペ編集 ホムペ作成


(C)ecaco