日記

[1件〜1件/全3988件]
次へ[3]


tagiさん

2017/7/25 11:33

レビューありがとうございます

ネギまIN横島〜R〜(仮)

 相手と同じ土俵に立たない。立てないとも言える気がしますね。極端な例に例えるならば人魚姫の物語といった所でしょうか。人間は海の中で暮らす事はできず、人魚は地上で暮らすには声を代償にした上で正体を秘さなければ泡と消えてしまう。魔法公開は自分の正体を声高に、しかも無制限に触れ回るのと同じで、だからこそその姿は人魚姫の持つイメージではなく日本の伝統的な人魚か某漫画のタンノくんの様に受け入れづらくなるのでしょうね。
 海と地上を完全に切り離せる訳もなく、海の中で人魚達の住む場所が荒れようとも手出しは困難。荒れた潮流は地上にも被害を出すでしょうが防波堤程度しか対策はできないでしょう。そんな荒れた海から人魚ならぬ魚人が大勢上がってきたなら……受け入れられる人は少ないでしょうね。普段から海に出て人魚とも顔見知りの漁師に交渉してもらうのは選択肢としては悪くないでしょうね。

ここから返信です。

同じ土俵に立てば振り回されてしまいますからね。

確かに立てないと言った方が適切かも。

人魚にしろ何にしろ一人や数人だから物語として成立しますが、生活習慣から生き方まで違う人魚達が国ごと大量に来てしまうと最早物語にならない気はしますね。

魔法世界と地球は本当海の中の世界と地上の世界にも例えられますね。

簡単には完全に切り離せなく、相互に手出しが難しい。

余計なことをして事態を悪化させるのも避けたいので堤防を作り海辺から避難する準備をするしかないんですよね。

神のごとき力で海を切り離したところで影響は計り知れないですし。

それに言い方は悪いんですが難民ほど厄介なものがないのは現実のヨーロッパを見れば分かる訳でして。

ましてそれが自分達と違う力を持つ人魚だとしたら……。

ダンノ君って誰かと思えばあの漁人でしたか(笑)

確かにダンノ君が大量に来たら洒落にならなくなりますね。

本当ベターな選択肢ですがやる気があり、二つの世界の事情に通じる人に頼むのが無難なんですよね。

今回の件で少しでも事態が好転してくれることを願って。

自分達が世界の崩壊の引き金は引きたくないですし。


次に短編集弓かおり

 とある古い漫画で、主人公が幽霊の女の子と仲良くなる作品がありました。最終話で生霊であったと判明した幽霊の子は肉体へと戻りましたが、幽霊の時の記憶を覚えておらず、優しかった性格も粗暴な物となっていました。その時主人公がポツリと口にした「魂だけの時に優しかった子が肉体の育った環境であんなに性格が違う。人の本質って魂なのかな?それとも肉体なのかな?」
 魂と生きている人間はもしかしたら別物なのかもしれません。前世の記憶に影響を受けるなとは言いませんが、現世は現世と割り切る必要があるのかもしれませんね。美神さんは弓場の存在を現世と前世を切り離す契機としたのでしょうね。

ここから返信です。

魂と生きてる人間ですか。

確かに別物になるのかもしれませんね。

令子の場合は横島との絆があればまた違ったんでしょうけど、横島の気持ちはすでに離れてますしね。

なまじ霊能者として力があるだけに前世の影響を受けてることを自覚したもんだから、令子からすると前世と今生の自分との狭間で悩むんでしょう。

原作でヒャクメだかが言ってましたがメフィストの人生はすでに終わってるのに、その想いは消えずに令子にまで影響を及ぼす。

ある意味罪なことかなと感じます。

そう言えばどっかSSで横島も似たようなニュアンスのこと言ってましたが魂という物がある世界において何をもってその人とするんでしょうね。

[編集][削除]
[コメント書き込み]
日記に戻る

ホラー ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成

(C)ecaco