日記

[1件〜1件/全3件]
次へ[3]


tagiさん

2017/5/9 10:19

レビューありがとうございます

ネギまIN横島〜R〜(仮)

何と言うか、嫁ぎ先からお土産を持って実家の両親に手料理を振るまいに行く娘と言ってみる……違和感のない事が違和感を生んでいますね。今回は初の転移帰郷ですが、その内タマモ嬢も一緒にお泊まりに行く機会があるかもしれません。古来より日本の霊的防衛の一翼を担ってきた中枢に九尾の狐が遊びにいく。可笑しくもあり、平和の象徴に足る光景になるでしょうね。
 総本山は巫女さんが詰めていましたし、結界で隠蔽されているとは言え山一つでは済まない範囲を領有していると覗えます。そうなるときっと神社としての認可は残してあるでしょうね。そうでなければ戦後の農地解放等でかなり土地を持って行かれたでしょうし。神社としての奉神を考えてみるのも楽しいですね。
 住み込みの修行者も居るでしょうし、その人達の為の厨房もありそうです。そんな厨房で洋食をつくることも可能\な木乃香嬢がどんな手料理を振る舞うのか、きっとご両親も楽しみにしているでしょうね。

ここから返信です。

嫁ぎ先から帰省する娘。

全く違和感ありませんね(笑)

本人達は流石にそこまでのつもりはなくても木乃香の両親はなんとなくそんな雰囲気を感じて内心は少し複雑かも。

タマモの京都行きも考えてるんですけどね。

いつになるやら。

タマモの過去や封印されていた経緯なんかも絡めたら面白くなりそうなんですが。

とりあえず麻帆良祭が終わる前はないでしょうね。

夏は旅行とかありますし、あるとすれば秋でしょうか?

本当平和の象徴たる話にしたいです。

関西呪術協会は表向き日本寺社仏閣協会という神社仏閣系の組合ですが、近衛邸の様子から恐らく神社としての認可は残しているかと思います。

土地も山奥でしょうから下手すると見える山々はほとんど近衛家の土地かも。

ただ管理とか税金とか大変でしょうね。

下手に開発するわけにもいきませんし。

神様はどうしましょうか?

無難に天照大神とか?八百万の神とか?山岳信仰とか?

どっかで出したい設定ですがあんまり詳しくないので調べないと分かりませんね。

厨房は確かに言われてみると幾つかありそうです。

今回は本家の一番大きな厨房かと。


次に短編集弓かおり

 原作のGS試験で受験者の格好関連で触れられていましたが、霊能という物は数学の公式の様にこれが正解という決まった型が無い分野らしいんですよね。よく分からない物によく分からない能力で対処するのがGSの根幹ですし。そんな状況で個人の才能に左右される霊能の成長方法って結局経験則からの繰り返しと、安全を確保しての実践しかないんですよね。そう考えると美神さんの所での横島君の経験も大きく間違ってはいない訳で。きっとGS業界では自分の能力を引き出してくれる師匠に出会えるかどうかという運も重要なのでしょうね。
 横島君に必要なのは知識と経験で、それさえ補えれば自分で勝手に成長していくイメージがあります。なにせ妙神山で老師の修行を一応とは言え修めていますしね。知識と経験を弓嬢と共にこれから積み重ねていくのだろうと思えてくるお話でした。

ここから返信です。

スポーツとかもそうですが、時代と共に練習や修行方法が変わるのかなとも思います。

本当霊能の修行には確かなものなどないのでしょうし、おっしゃるような経験を元にした修行と可能な限り安全に配慮した実践しかないんでしょうね。

令子に横島を育てる意思があったのかわかりませんが、もしあるとすれば令子なりの育成法だったのかなと思い今回の話にしました。

本当運も実力のうちですし、いい師匠いい実戦に巡り会わないと霊能者は育たないのかもしれません。

ただ横島は短期での成長のために基本的な知識や経験が足りないと。

ある意味横島は流されるままにGSになったことから、ここから霊能者として歩み始めるのかもしれません。

[編集][削除]
[コメント書き込み]
▼コメント一覧
蛍魔狐
05/10 10:48
詳しくありがとうございます。

知らない神様もいるので調べてみて少し考えてみますね。

タマモに関してはやはり京都行きは始めは旅行のようにちゃんとした形がいいかなと思ってます。

京都はいろいろイベントを考えてますし。

天然物と養殖物ですか。

確かにそれぞれ違いがありますが一番は癖が強いことでしょうね。

全体として考えるなら安定した養殖物が良くても場合により天然物ではなければならない。

意外にGSにぴったり一致しますね(笑)


tagi
05/10 08:50
 お邪魔させて頂きます。
 空間転移がもっと気軽に行えるならタマモ嬢のお散歩として京都へ、という場面もあるのでしょうけどね。まぁ何気にイベント好きなタマモ嬢ですから、初めての京都行きは旅行として行った方が喜びそうです。
 奉神としてパッと頭に浮かぶのは、お寺だったならば京都・山の中・修行からの連想で金星から来て永遠の十六歳とされる護法魔王尊。神社ですと刀の神格化ともされる経津主神か武甕槌神でしょうかね。こちらは香取神宮、鹿島神宮の系譜も影響してきそうですけども。呪術協会の成り立ちを考えると八幡神でもしっくりきそうですけどね。
 霊能者に使う言葉ではないですが、天然物と養殖物の違いが横島君と一般の霊能者の違いに近い気がします。どちらが上という訳でもなく、どちらも適した状況があるというだけなんですけどもね。天然物故の癖の強さが魅力にもなりますし、本当に難しい所でしょう。唐巣神父も気苦労でハラリと頭髪が散らなければいいのですが。
 お邪魔致しました。


[1件〜2件/全2件]

日記に戻る

芸能人 ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成

(C)ecaco