日記

[1件〜1件/全5件]
次へ[3]


tagiさん

2017/5/12 11:29

レビューありがとうございます。

ネギまIN横島〜R〜(仮)

ナポリのピザを焼く窯の職人は、図面を全くと言っていい程引かずに自分の手指だけで寸法を決めて作るそうで、窯一つ一つに個性があるそうです。一つの釜の中でも位置によって熱の伝わりが違うので、それを見極めるのが料理人の腕の見せどころとの事。機械化されているオーブンといえども使い慣れている物との違いは大きいでしょうね。
 石化しても死ぬ訳でないのだとすれば、それは一種の延命行為とも見る事ができます。現時点での医療技術では救えない命を未来に託すのはトリアージの一部でもあるでしょうし、医療魔術として止血に石化を学ぶ場合もあったりして。もしかしたら太古の昔に自ら石化して未来を見てみたいと願った魔法使いなりがいるかもしれませんね。
 ガトウ氏の復活の可能性が芽生えたこの世界。高畑氏が知る時が来るのかどうか、その時の反応を想像しながら楽しみにしています。

ここから返信です

実は私あまり料理やらないんで本当に機械式のオーブンに癖なんかあるのか知らないんですよね。

なんとなくある気がするのとご指摘のようなピザ窯などには癖があると聞いたことがあるのでそう書いたんですが(笑)

ただ使いなれてるオーブンとそうでない物には多少は違いがあるかと。

まして店のオーブンは古いですしね。

ガトウさん登場させちゃいました。

前にどなたかに誰も死に目に会ってないなら生きてるのかとコメントいただいたのをきっかけに登場させちゃいましたね。

石化魔法に関してはおっしゃるように元は治療用として開発し使われた気もしますね。

止血とか延命とか。

本編にはネギの村を始め石化された人が歴史には多数居ることを書きましたが、その用途や目的は様々だったんでしょうね。

なんか石化から復活した古の魔法使いが現代の代わりように驚き騒動を起こすような話が浮かびます(笑)

カオスのようにどこかボケた偉大な魔法使いが麻帆良に来たら面白そうです。

ガトウについてはそろそろ登場させたいと書きましたが高畑との再会や復活はいつになるやら。

実は前々から時々話に出てる京都編の伏線のつもりでもあります。

相変わらず下手ですけどね。


次に短編アラカルト

横島君は天候で前に一度人間関係がリセットされた事がありますからね。親友とも疎遠になり、芸能人になっている事さえ知らなかったのですから、これまで意識していなかった相手ならば何を言わんや。遠くに離れていても心の距離は離れない。だけど物理的に近くにいる人の心がもっと近くになってしまう。どこかで聞いた言葉ですが、正にその通りだと思います。横島君と彼女はまだ始まってもいません。ここから始まるのかどうか、すべてはこれからですね。

ここから返信です

これ本当初体験と転校による別れという二つなキーワードで書いただけなんですよね。

原作キャラと違い何も制約がないオリジナルヒロインで。

本当転校により過去に人生が変わった横島が自分を愛し全てを許してくれた女性と再び転校にて別れる。

ちょっとだけ大人になり幼い頃より自由な横島はどう変わりどう思うのか。

離れても心が離れないことは確かにあるんでしょうが、人が生きてる以上近い人との距離が近づくことは仕方ないんですよね。

これもう少し丁寧に書くべきか迷いましたし、なかなか難しい話でしたね。

[編集][削除]
[コメント書き込み]
日記に戻る
                 
暇つぶし ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成