日記

[1件〜1件/全2件]
次へ[3]


tagiさん

2017/8/7 10:03

レビューありがとうございます

ネギまIN横島〜R〜(仮)

 絵を書くで思い出してしまったのがGSでのドッペルゲンガーとモンタージュ。ネギま世界って妖怪や悪魔が実在していますが、魔法という要因が大きくてオカルトという区分がかなり狭まっている印象なんですよね。科学の光が夜の闇とそこに住むナニカを駆逐したなんて耳にした事がありますが、ネギま世界では更に魔法という方面からも光が投げかけられているのでしょう。まぁその光はブラックライトや赤外線かもしれませんが。
 科学や魔法といった光に闇を消され居場所を追い出された妖怪のタマモ嬢と、魔法世界の為に人生を奪われ、記憶を封じてやっと人として暮らせ始めた明日菜嬢。そんな二人が一つの部屋でのんびり絵を書く光景は、想像すると来る物がありますね。現在が充実し幸せだからこそ描かれる絵は幸せな物となるでしょう。彼女達が描く絵がこれからも幸せなものであり続ければいいですね。

ここから返信です。

GSの世界は魔法はオカルトと言いますし、ネギまの世界はオカルトを魔法のくくりに入れちゃってますよね。

あまり使わない設定ですがGS世界とネギま世界では世界の構成が似て非なる部分があるので、悪霊など霊障の発生率が違うと考えてます。

そのため妖怪も環境や構成の違いから似て非なる妖怪とか居るかも(笑)

タマモの過去も実は設定だけはあるんですが未だにふれぬままに(笑)

ただおっしゃるような感じの過去ですが。

当たり前の日常の幸せを感じるには明日菜やタマモにエヴァなんかが一番くるものがありますね。

特に代わり映えのしない日常の夕方に一緒に絵を描きながらあれこれと楽しげにおしゃべりする。

ネギまRの一番の見所かもしれません(笑)

[編集][削除]
[コメント書き込み]
日記に戻る

ナルト ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成

(C)ecaco