日記

[1件〜1件/全1件]

tagiさん

2018/3/12 20:53

レビューありがとうございます

ネギまIN横島〜R〜(仮)

高杉教授の性格はどことなくルシオラ嬢を思わせる部分が有る気がします。専門馬鹿とまでは言いませんが、自分の興味を持った物に一途というか、のめり込む印象を受けます。その上で人当たりは悪くなく面倒みも良い。横島君もそんな面がありますし、似た者同士なのかもしれませんね。人は年をとれば精神的に子供に戻るなんて聞きますが、子供で居続けるピーターパンの魅力を持っていそうです。
 人に云うと書いて伝える。人に言うと書いて信じる。他人に知ってもらい信じられるには言葉が重要な役目を果たします。言葉を交わす機会を設けたのがパーティなのでしょう。文字を力へと成す文珠使いの横島君が、言葉の武器と衣装の鎧で身を固めるパーティ会場に居る事に妙な納得を覚えるお話でした。どこにいてもおかしくないのに妙に浮いてしまうのは横島君の特徴の一つなのでしょうね。

ここから返信です。

高杉教授は特にイメージはないんですけどね。

強いて上げるとすれば愛されるべき変人教授のイメージでしょうか(笑)

言われてみるとおっしゃるように見えてくるのが不思議です(笑)

まあ一芸に秀でた変人はまあ居ますからね。有名人にも。ちょっとオチャメなイメージはプラスしてますが。

ピーターパンのような老人は確かに魅力的ですしいいかもしれませんね。

横島は文字を力にする能力はありますが、言葉を武器にするのは苦手な印象がありますね。

誤解とかされやすいイメージがあるからでしょうか?

ある意味横島にとってパーティーは苦手な部類に入るのかもしれませんね。

一つ一つ見ると普通なのに纏めると浮いてしまうのが横島ですし(笑)


次に昨日のレビューを

クリスマスの時期になると自分の家を電飾している所を見かける様になります。あれって実はかなり電気を喰うんですよね。ひと月で電気代が60万になったお家もあるそうで。しかもその電力に見合った熱量を発する物ですから下手な配線では火事を起こしかねないおまけ付きと。祭りの期間中、パレードで使われる分だけの電飾を賄う電源も考えてみればある意味でオーパーツレベルかもしれませんね。超嬢辺りが手を入れていたりして。
 ハニワ達はしっかりと楽しんでいるようで。元々奉仕種族ですし、仕える形ではなくとも他者を喜ばせるのは楽しさを覚えるのでしょうね。ネギま原作でザジ嬢の周囲にいたりした人ならざる者達も麻帆良に居たりしましたし、横島君達の知らない所でそんな存在と交流していたりして。後日ハニワ達の所に遊びに来たりしたらびっくりしそうですね。

ここから返信です。

あの、イルミネーションって、そんなに電気代掛かるんですね。

配線して飾り付けする苦労もありながらやるの大変そう(笑)

麻帆良はそもそも電気がどうなってるか謎ですよね。

年に二回の停電がありますから。

本当オーパーツというか。地味に魔法技術とか入ってそうな気も。

ハニワ兵達は特殊ですからね。本当奉仕することに存在意義がありますから、みんなを楽しませるのはこの上ない幸せなのかも。

そういえば、サジの周りのアレも居ましたね。

ただのネタかと思ったら、魔族の伏線だったのか。

元々魔族側のハニワ兵とは話が合うかもしれませんね。

そんな話書こっかな(笑)


次に今日のレビューを

 席についてコース料理が出てきたりする会食型パーティではなく立食形式のパーティでしたからね。主催者側としても途中で料理が無くなるというのは聞こえがよくありませんし、最初からある程度は多めに用意している事でしょう。店舗で全ての商品が品切れになるのとは違う、料理を出しているからこその悩みなんですよね。その内に結婚式等の最初からお持ち帰りとして用意されていた食べ物とは違う、パーティの帰りに詰めて持ち帰る為のパッケージと持ち帰り専用の一品料理が用意される時が来たりしてね。
 現実で飽食の時代なんて言われ、食べ物を残し処分する事に抱く忌避感が少なくなってしまっているだけに今話の様なお話は気分がいいものがありました。貧乏臭くたっていいじゃない。無駄に食べ物を捨てるよりはね。

ここから返信です。

パーティーによっても違うんでしょうが、本当余るくらいじゃないと、駄目なパーティーって料理もったいないですよね。

社員とかスタッフで食べればと思いますが、中に入ると規則とか衛生の問題で食べれなかったり持ち帰れなかったりしますし。

本当最初から余ったら持ち帰るのが普通になって、持ち帰り用のパッケージとか普及したらいいのに。

[編集][削除]
[コメント書き込み]
日記に戻る
                 
音楽 ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成


©ecaco